LINEで送る

インプラントとは何か?

インプラント

インプラント(人工歯根)とは、人工歯根を埋め込むことで、見た目や噛み心地などを損なうことの少ない治療法です。大きく3層に分けられ、まずアゴの骨に人工歯根を埋め込み、これが歯の根っこになります。次に、人工歯根と人工歯を連結し土台となるアバットメントを取り付け、最後にこの土台に人工歯を取り付けて治療終了です。インプラントは、差し歯と違い土台がしっかりとしているので、噛む力に差が出ます。また、ブリッジが必要ないので、周囲にある歯へのダメージが少ない治療法です。

 

インプラント治療のメリット

従来の入れ歯の代替治療として最近よく耳にするようになったインプラントですが、そもそもどういった治療なのでしょうか?どちらも事故や加齢で失った歯の代わりに入れる人工の歯です。大きな違いは入れ歯のように取り外しができず、歯茎に歯根と呼ばれる人工の棒のようなものを埋め込み、その上に義歯をかぶせます。治療費が高いイメージがありますが、条件を満たすことで保険も適用されます。インプラントは見た目が本物の歯とほとんど変わりなく、入れ歯のようにぐらついたり定期的なメンテナンスが必要ありません。

↑PAGE TOP